在庫20万冊はこちらから検索
商品
作者
購入特典リスト
限定版リスト

大西巷一 特集

2014年に掲載した大西巷一先生 インタビュー 記事は→コチラ

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(8)

【ジャンル】コミック
【発売日】2017-05-12
【作者】大西巷一
【出版社】双葉社
【価格】¥670
特典 メール便可
通常便:翌営業日発送

【購入特典】
購入特典として描き下ろしイラストカードがつきます。

【内容紹介】
15世紀、中央ヨーロッパで巻き起こるフス派軍vs十字軍の熾烈な宗教戦争。指揮官ヤン・ジシュカの知略により再び十字軍を退けたフス派軍だったが、様々な人物の思惑が対立し、フス派は分裂してしまう。泥沼化する内紛に巻き込まれた少女兵シャールカは、予期せぬ幸福を手にするが、過酷な選択を迫られることに――。

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(1)

【ジャンル】コミック
【発売日】2014-01-10
【作者】大西巷一  
【出版社】双葉社
【価格】¥670
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
1420年、ボヘミア王国。戦争により家族を虐殺された14歳の少女「シャールカ」は、フス派義勇軍の英雄「ヤン・ジシュカ」に導かれ、仲間たちと共に反カトリックの戦いに身を投じていく。15世紀、中央ヨーロッパで起こり「宗教改革」の端緒となった「フス戦争」をモチーフに、庶民の少女の視点で、史実に基づいた凄惨な戦争を描く歴史巨編。少女よ銃を取れ、生き残る為に!
【オススメコメント】
東犬二名義で描いた「DARK AGE」の衝撃は大きく。その方向性でさらに世界観の完成度と残虐さに舌を巻いた「ダンス・マカブル」。今度は同じ中世の時代に実際あった1419年に始まったフス戦争を少女・シャールカの視点で描かれた長編が始まりました。 宗教戦争に巻き込まれ陵辱と虐殺の嵐が荒れ狂う中、力なき人たちがヤン・ジシュカの元で立ち上がり戦い続ける物語です。 勿論大西巷一氏が描く、目を背けたくなるような残酷さや人の無力さに絶望が今まで通り。今回の作品はその中でも立ち向かう少女達の希望があります。 いつ誰が死んでもおかしくない時代、少女達のたくましさをじっくり見てください。そして大西巷一氏が描く女の子の可愛さも必見。今まで通り、大西巷一氏でしか描けない作品であるということは今回も変わりません。
コメント:星野 1/9UP

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(2)

【ジャンル】コミック
【発売日】2014-05-10
【作者】大西巷一  
【出版社】双葉社
【価格】¥670
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
プラハに到着したヤン・ジシュカ率いるフス派ターボル軍はプラハを降伏させようとしていた十字軍10万に開戦を宣言する。ターボル軍は僅か2千。圧倒的な不利な状況において、只一人ジシュカだけが勝利を確信していた。1420年7月13日歴史を変える戦いが始まる。
【オススメコメント】
狂気と信仰と死と破壊。圧倒される中世絵巻。 前作の印象で残虐さばかりに目が向いてしまいますが、この人の描く中世だけでも見る価値があると断言できましょう。 馬で駆ける騎士の存在感とその強さ。そしてその戦法を過去のものにしてしまった、マスケット銃と戦車を戦場に送り出しジシュカの戦術と見所がつまっている2巻です。実史を描いているということでフス戦争やその時代を調べたくなるほどの魅力ある作品です。
コメント:星野 5/10UP
【サンプル画像】

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(3)

【ジャンル】コミック
【発売日】2014-11-22
【作者】大西巷一  
【出版社】双葉社
【価格】¥670
メール便可
通常便:翌営業日発送
【サンプル画像】

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(4)

【ジャンル】コミック
【発売日】2015-05-09
【作者】大西巷一  
【出版社】双葉社
【価格】¥670
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
カトリック派が堅守する重要拠点「ヴィシェフラト城」。ジシュカ率いるフス派軍は難攻不落のこの城を落とすため潜入作戦を遂行する。危険な潜入に子供が必要と知ったシャールカは自ら志願し、潜入を果たす。しかし、戦局は膠着し、シャールカ達は敵地で持久戦を強いられる。食べるものもなくなり、衰弱死と隣り合わせとなった持久戦はどうなるのか?
【オススメコメント】
今回は丸ごと1冊攻城戦とマニアックで熱い!
城内部では潜入から持久戦。外では対騎士団のワホンブルク戦術。方や戦術に方や信仰と仲間を信じる心と2カ所で違った戦いが丸々詰め込まれた4巻です。 毎回毎回酷い目にあっているヒロイン・シャールカですが、今まで以上に酷い目と酷い身体に……。 シャールカが天使すぐる
あんな身体でお色気ってのもマニアックすぎますので、特典イラストでサービスサービスです。
コメント:星野 5/8UP

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(5)

【ジャンル】コミック
【発売日】2015-11-12
【作者】大西巷一  
【出版社】双葉社
【価格】¥670
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
カトリック派十字軍の先鋒隊と交戦中のジシュカ率いるフス派軍に全裸の男女の軍団「アダム派」が援軍として現れる。そこには黒死病で別れたガブリエラの姿があった。 ガブリエラとの再会に喜ぶシャールカは誘われるままにアダム派のミサに参加し、クスリによって恍惚状態でまぐわうガブリエラと信者達の姿を見る。 一方、羞恥心を捨て、本来の姿である全裸をモットーとするアダム派にジシュカは警戒心を強めていって…
【オススメコメント】
何故現代にアダム派がいないんだ………orz
ネタだと思っていたらマジでした。そんな感じのネタ信仰のアダム派登場です。 宗教って凄いとヤバイを両方感じさせてくれるアダム派。その活躍とエロスを存分に楽しませてくれる6巻です。
久しぶりに登場したガブリエラも酷いことになっていて……。登場する少女に優しくない漫画No1ですな……だがそれがいい!!
コメント:星野 11/12UP

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(6)

【ジャンル】コミック
【発売日】2016-05-12
【作者】大西巷一  
【出版社】双葉社
【価格】¥670
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
フス派軍が無敵を誇ったワゴンブルクは、十字軍の名将フィリポ・スコラーリとクマン人の弓騎兵戦術の前に完敗した。 先鋒隊を指揮したフロマドカは討ち取られ、天使隊の少女たちも奴隷とされてしまった。 遅れてクトナー・ホラに辿り着いたジシュカは1万2千の兵で十字軍10万を迎え撃つが――!?

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(7)

【ジャンル】コミック
【発売日】2016-11-11
【作者】大西巷一  
【出版社】双葉社
【価格】¥670
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
フス派軍vs十字軍の熾烈な宗教戦争は続く。 フス派軍指揮官ヤン・ジシュカが十字軍に下り、絶体絶命のフス派軍。 さらなる奴隷を求めて少女兵シャールカらの拉致を企てるクマン騎兵。 度重なる敵の非道に逆上したフス派軍は救出の為に軍を起こす。 この戦いの行方は――!?


短編集

涙の乙女 大西巷一短編集

【ジャンル】コミック
【発売日】2015-05-09
【作者】大西巷一  
【出版社】双葉社
【価格】¥670
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
【収録作品】「男装の殺人鬼 マネット・ボヌール」「ブルターニュの雌獅子 復讐のジャンヌ」「涙の乙女 或るインカ皇女の悲劇」「豚王」
1800年初頭パリ。カフェで働いていたマネットは愛していた男に裏切られ、他の男たちに陵辱されてしまう。男に不信感を抱いたマネットは女を忘れるために男装し酒を飲み逃避していた。ある日、酒場で酔いつぶれていたマネットを森に連れ込み襲った男を殺したことがきっかけになり、男装で男を誘い男を殺す殺人鬼となった。「マネット・ボヌール」/1343年フランス。国王フィリップ六世によって反逆罪の濡れ衣を着せられ処刑された夫のためジャンヌ・ド・ベルヴィルは復讐を誓う。イングランドにつき、兵を挙げフランス兵への襲撃を繰り返したジャンヌは「ブルターニュの雌獅子」と呼ばれることになるのだが…「復讐のジャンヌ」/ 1532年インカ帝国。スペイン人傭兵隊長フランシスコ・ピザロに奇襲を受けたインカ皇帝アタワルパは囚われ莫大な身代金と共に妹のキスペを差し出す。 ピザロの女となったは改宗しイネスと名を変え、自分を裏切った兄の復讐とピザロの支配を目論む「或るインカ皇女の悲劇」
【オススメコメント】
「ダンス・マカブル」同様のエロスと死と復讐の物語
「乙女戦争」が出る前は大西巷一作品となると真っ先にエロスと言ってしまいましたが、あの足掻く女性達の物語が戻ってきました。 大西巷一先生が描く虐げれる女性の逞しさ。そして悲劇ながらも生き抜いた彼女達の美しさが詰め込まれています。
そして、デビュー作であった幻の作品「豚王」も収録。ファンとしても非常に嬉しい作品集になっていますよ。
コメント:星野 5/8UP


本ホームページに掲載の画像・写真などを無断で複製することを禁じます。
Copyright (c) 2001 MANGAOH CLUB Inc. All rights reserved.