在庫20万冊はこちらから検索
商品
作者
購入特典リスト
限定版リスト

大西巷一先生 インタビュー

大西巷一先生 インタビュー


ファンタジー作品は多いが、なかなか定着しなかった中世ヨーロッパ漫画が今熱い!ということで、フス戦争を描いた「乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ」を連載している大西巷一先生に中世時代やら色々語って頂きました。

──ペンネームの由来は?
「大西」は本名のままで、「巷一」はデビュー当時読んでいた『陋巷に在り』という小説から「巷」の字をもらいました。漫画家は孤独な仕事というイメージですが、社会の一員として人との関わりを忘れないように、という意味も後付けで考えました(笑)

──漫画家になろうと思ったきっかけは? またそれはいつ頃ですか?
もともと歴史が好きで、歴史に関わる仕事をしたいと思っていました。一応大学院まで進学したのですが、研究者には向いていないなと思い、歴史漫画を描く仕事はどうだろう?と思って、新人賞(97年のアフタヌーン四季賞)に応募してみたところ、賞をいただけたので、漫画家としてがんばってみようと決心しました。

──一番好きな小説・漫画などあればお教え下さい。
自分にとって理想であり目標としている作品としては、漫画なら『ベルセルク』、『エマ』、『ヴィンランド・サガ』、『あっかんべェ一休』、『宗像教授伝奇考』、『銃夢』、『風の谷のナウシカ』など、小説なら『傭兵ピエール』、『後宮小説』、『大聖堂』、『悪童日記』など、映画なら『シンドラーのリスト』、『ブレイブハート』、『ロード・オブ・ザ・リング』、『ニキータ』などです。

──作画環境などお話しできる範囲で教えて頂ければお願いします。
今はネームから仕上げまですべてデジタルでやっています。PCはデジタルコミック向けにチューンしてもらったHPのノートパソコン。モニター兼タブレットにワコムの23インチ液晶タブレット。ソフトはComicStudio4.0がメインです。2人の在宅アシスタントさんに手伝ってもらってます。


──中世ヨーロッパの魅力を語ってください。
ひとことで言うと、「リアリティのあるファンタジー世界」だと思います。中世ヨーロッパ風のいわゆる「剣と魔法の世界」はなじみがあると思いますが、そのモデルになった中世ヨーロッパも「現代でもなく、日本でもない」という点では我々にとって完全に異世界だと思います。魔法使いやドラゴンこそいないものの、剣で戦う騎士がいて、城壁に囲まれた城や街があって、大聖堂の鐘が鳴り響いています。異世界ではあるけれどかつて実在した世界ですから絵空事ではないというリアリティがあります。「説得力のある異世界」を描けるのが中世ヨーロッパの面白さだと思います。そういう点では歴史物はみんなそうですけど。

──このところ中世ヨーロッパ作品が増えてきていますが、それによって描く上での変化などありますか?
いち歴史オタクとして、史実ベースの歴史漫画が増えたことはとてもうれしいです。この状況を20年前の自分に教えたあげたいですね(笑) 少し前までは戦国時代と幕末と三国志以外の歴史物はなかなか売れにくい状況でしたが、お陰さまでマニアックな歴史物でも描かせてもらえるようになり、それもうれしいことです。

──先生の作品は特にそこまでやるかという残虐性を描いたものが多いですが、残虐なものを描き続ける主旨などございましたら。
一応言っておきますが、ぼくは残虐なシーンを描くのは好きですが、現実にそういうことをやるような趣味は一切ありません。そこは誤解しないでくださいね。創作の世界は現実に無いものを補完する役割もあると思っています。もしぼくが波瀾万丈の過酷な人生を歩んでいたらこういうものは描いていない気がします。平和で穏やかな生活をしている人にとっては刺激的な作品こそ必要なのかもしれないし、残酷な話や悲惨な戦争の話を描くことが現実の平和に貢献することもあると思っています。

──この作品を描く上で苦労している所や注意している所などありますか?
背景はいつも苦労しますね。3巻ではプラハが舞台になりますが、大聖堂が建造途中だったり、橋や天文時計の形が違ったりと、当時のままの部分と現代とは違う部分が混在しているので調べながら描くのが大変でした…


──日本人には馴染みの薄いフス戦争を題材にした理由は何ですか?
素材として絶対的に面白いので、馴染みがなくてもいいから描きたいと思っていました。面白さのその1は、革新的な戦術で弱者(農民)が強者(騎士)をバタバタと倒していくところ。その2は宗教戦争の過激さと純粋さ。その3は女性や子供が戦士として活躍するところです。あとスラヴ系の金髪の女の子と民族衣装が描けるのもポイントです♪

──眼帯に戦術家。そして無敵を誇ったヤン・ジシュカという日本人にウケるような人物でありながらほとんど知られてきませんでした。ヤン・ジシュカの先生が惹かれる魅力は?
魅力のひとつはジジイだという点です(笑) もし彼が真の天才ならもっと若いうちから頭角を現していたと思いますが、彼は晩年に突如歴史の表舞台に登場します。フス戦争以前のことはほとんどわかっていません。いったいどういう人生を歩んで無敵の戦術家になったのか、いろいろと想像をかきたてられます。他にも魅力はたくさんありますが、ネタバレになりそうなので今は言わないでおきます(笑)

──農兵が戦ったというフス戦争で只の女の子であるシャールカを主人公にした理由はありますか?
戦うヒロインの話はみんな大好きじゃないですか。ぼくも大好きです♪ ましてフス戦争では本当に女性や子供が戦っていたので、それを描かない手はありません。そしてどうせなら、戦争とはもっとも縁遠いタイプの女の子を主人公にしたら面白くなると思いました。ちなみにシャールカという名前は、チェコの伝説上のヒロインの名前から取りました。チェコには昔、男性軍と女性軍に別れて戦争になったという伝説があり、女性軍の大将ヴラスタとともに戦う美しい女勇者シャールカというのが登場します。この戦争は「乙女戦争」とか「娘たちの戦い」と呼ばれています。

──騎士好きなのに無慈悲なまでに騎士がやられていってしまいますが、騎士の格好良さと見てほしいところはどんなところですか?
圧倒的な力で敵を蹂躙する騎士もカッコイイですが、敵を舐めてかかって完膚なきまでに撃退される騎士もまたイイんです! 甲冑や紋章などの見た目の格好良さも大事ですね♪ 傭兵は戦闘のプロですが、騎士は違います。騎士は「領主」であり領地経営のために必要な仕事のひとつが戦闘であるに過ぎません。そういう立場や価値観の違いなんかも伝わるといいなと思って描いています。

──この作品を読んで中世ヨーロッパに興味を持った読者は多いと思います。そんな人に知ってもらいたい事件や戦争やそれに関する書籍などあったら教えてください。
ぼくの漫画はあくまでエンタメとして描いていますが、本当のところはどうだったんだろう?という興味を持つきっかけになってくれたらすごくうれしいです。中世ヨーロッパ史は学問的にはかなり研究が進んでいて、書籍も専門的なものから読みやすいものまでたくさん出ています。一度、書店や図書館の歴史のコーナーを覗いてみてほしいですね。面白そうな本がたくさん見つかると思いますよ。

──お忙しい中ありがとうございました。最後に読者の皆様へ一言お願いいたします。
主人公のシャールカには今後もたくさんの試練が待ち構えていますが、きっと乗り越えていくでしょう。その姿を全力で描いていきますので、応援よろしくお願いします!

大西巷一 作品一覧

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(8)
【発売】2017-05-12
【作者】大西巷一  
【価格】¥670
特典 メール便可
通常便:
◆特典あり◆乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (1-8巻 最新刊) 全巻セット
【発売】2017-05-12
【作者】大西巷一  
【価格】¥5,359
通常便:×
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(7)
【発売】2016-11-11
【作者】大西巷一  
【価格】¥670
特典 メール便可
通常便:
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(6)
【発売】2016-05-12
【作者】大西巷一  
【価格】¥670
メール便可
通常便:

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(5)
【発売】2015-11-12
【作者】大西巷一  
【価格】¥670
メール便可
通常便:
涙の乙女 大西巷一短編集
【発売】2015-05-09
【作者】大西巷一  
【価格】¥670
メール便可
通常便:
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(4)
【発売】2015-05-09
【作者】大西巷一  
【価格】¥670
メール便可
通常便:
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(3)
【発売】2014-11-22
【作者】大西巷一  
【価格】¥670
メール便可
通常便:

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(2)
【発売】2014-05-10
【作者】大西巷一  
【価格】¥670
メール便可
通常便:
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(1)
【発売】2014-01-10
【作者】大西巷一  
【価格】¥670
メール便可
通常便:
ダンス・マカブル -西洋暗黒小史-(1)
【発売】2010-11-22
【作者】大西巷一  
【価格】¥637
通常便:
中世ヨーロッパ残虐物語
【発売】2016-04-23
【作者】大西巷一  
【価格】¥421
通常便:×
現在品切れ中注文受付停止

ダンス・マカブル -西洋暗黒小史-(2)
【発売】2011-08-23
【作者】大西巷一  
【価格】¥637
メール便可
通常便:×
現在品切れ中注文受付停止
曹操孟徳正伝(3)
【発売】2006-05-23
【作者】大西巷一  
【価格】¥555
通常便:×
現在品切れ中注文受付停止
曹操孟徳正伝(2)
【発売】2005-12-22
【作者】大西巷一  
【価格】¥555
通常便:×
現在品切れ中注文受付停止
曹操孟徳正伝(1)
【発売】2005-11-22
【作者】大西巷一  
【価格】¥555
通常便:×
現在品切れ中注文受付停止

女禍 JOKER(4)
【発売】2002-03-22
【作者】大西巷一  
【価格】¥545
通常便:×
現在品切れ中注文受付停止
女禍 JOKER(3)
【発売】2001-11-22
【作者】大西巷一  
【価格】¥545
通常便:×
現在品切れ中注文受付停止
女禍 JOKER(2)
【発売】2001-02-20
【作者】大西巷一  
【価格】¥545
通常便:×
現在品切れ中注文受付停止
女禍 JOKER(1)
【発売】2000-04-21
【作者】大西巷一  
【価格】¥545
通常便:×
現在品切れ中注文受付停止

累 -かさね- 既刊

累 -かさね-(1)

【ジャンル】コミック
【発売日】2013-10-23
【作者】松浦だるま  
【出版社】講談社
【価格】¥617
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
伝説の女優・淵透世。しかし、その1人娘・累(かさね)は、母とは似ても似つかぬ程醜い顔を持ち、その醜さ故、クラスメートから壮絶なイジメを受けていた。己の醜さを呪い、耐える日々を過ごす累。しかし、彼女には類い希な人を演じる演技力を持っていた。技術を持っているのに醜さで評価されない累は母・透世が残した一本の口紅を手にする。それは口づけをした相手の顔と交換する力を持つ口紅だった。母が残した一本の口紅が、累の運命を大きく変えていく―。
【オススメコメント】
口づけをすれば相手の顔にすり替わる。なんて百合ん百合んなんだ、と期待してはいけません。中身はどっりしとしたサスペンス作品となっています。 醜いからこそ美への憧れを抱き、それを手にすることの喜び。そして失うことの絶望。主人公の葛藤と心情を見事に描いている作品です。 果たして累は永遠に続く美を手に入れることができるのか?先が楽しみな新人とは思えない実力派作家による作品です。
コメント:星野 10/22UP
【週間オススメコメント】
イブニング公式の1、2話試し読みがすでにかなりの反響を呼んでいた、松浦だるま先生の初単行本です。とても信じられない完成度の高さですがマジで初。話の構成上、非常に高い画力と台詞回しのセンスが必要なのですが、どちらも文句のつけようが無し。特に表情の描き分けがすばらしい。累ちゃんには頑張って欲しいと思う一方、彼女の行いは果たして許されてよいのか? という疑問もあったり、一筋縄ではゆかないストーリーもお見事。こりゃ凄い新人さんが出ましたねえ。とりあえず、変身前の累ちゃんが可愛く見えたら末期です。いや、むしろ始まってるか?
コメント:のん
【サンプル画像】

累 -かさね-(2)

【ジャンル】コミック
【発売日】2014-01-23
【作者】松浦だるま  
【出版社】講談社
【価格】¥617
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
醜き少女・累に、母が遺した一本の口紅。その口紅は、他者の顔を奪うという能力を秘めていた。 一時期のみの美から永遠の美を求めていた累だったが、そんな彼女の前に圧倒的な美を持った丹沢ニナが現れる。 眠り病という病を抱えているニナ。舞台に立ちたい累。二人の思惑が合致し、同意での入れ代わりの日々がスタートする。しかし、自分を演じる累にニナは段々恐れ初めて…
【オススメコメント】
自分に成り代わり、自分を演じていく姿を見たときの恐怖。その恐ろしさをじわりじわりと描いていく2巻。初めて同意しての入れ代わりをすることになる累と圧倒的な美を持つニナという二人の物語になります。 オトナになり、そして美を持つものの視点で改めて醜い自分の立場を思い知らされる累の足掻き。 自分の姿で自分を越えていこうする累に恐怖を感じていくニナ。 入れ代わりによって苦しいまでに描かれる心情が仕草やちょっとした表情の描写によって読者に伝わってくる凄さは2巻でさらに際立っています。 引き込まれるストーリーに2巻も予約数が凄いことになっていますよ。
コメント:星野 1/22UP

累 -かさね-(3)

【ジャンル】コミック
【発売日】2014-05-23
【作者】松浦だるま  
【出版社】講談社
【価格】¥617
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
女優への道へ進む力と美を持つニナと入れ替わりの生活をする累だったが、次第にニナの様子がおかしくなっていくことに気がつく。長期で眠る病に冒されていたニナは自分の姿をした累が自分でなくなることに恐れていく。自分の姿にも否定されたニナはある行動をおこすのだが…。
【オススメコメント】
ニナとの決着、そして次はニナの母親を騙しきれるのか? 顔を盗む状況からパートナーを得た累ですが、そんなに物事が上手くいくわけがない。狂い始めた歯車をどうするのか?人を傷つけながら生きていくことに迷う累がある決意をする巻です。 それにしても2巻も女性のお客様が多かったのですが、3巻ではさらに女性の比率が高くなりました。この女性中心にHITするのは弊社だと「軍靴のバルツァー」並みともいっていいかと。男女共に支持される作品ということでこの先も展開気になりますね。
コメント:星野 5/22UP

累 -かさね-(4)

【ジャンル】コミック
【発売日】2014-10-23
【作者】松浦だるま  
【出版社】講談社
【価格】¥617
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
美と栄光を手に入れつつある累。しかし、あるきっかけで母と似た顔をした野菊と出会う。彼女は累の母が顔を奪った女性の娘であり、累の妹でもあった。 母親の復讐のため、世に放たれた野菊。偶然の出会いは二人に何をもたらすのか…
【オススメコメント】
すでに破滅しか見えない……
ニナ編が終了し、美を手に入れた累ですが、ここに来て母親の美の秘密に絡んだ女性・野菊が登場です。 どうみても終わりの始まりにしか見えないのですが、どうなることかwktkですな。 そして、なんと淵透世の小説「誘―いざな―」が発売決定…。それも松浦だるま先生自ら手がけるとか12月発売予定です。 マルチに展開する「累」がこれからどんな展開をするのか期待もしてしまいますね。
コメント:星野 10/23UP

累 -かさね-(5)

【ジャンル】コミック
【発売日】2015-03-23
【作者】松浦だるま  
【出版社】講談社
【価格】¥617
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
他者の顔を奪う口紅。累はその不思議な口紅の力を使い、丹沢ニナという美しき顔を手にする。かつての醜さから解放された累は、その美貌と天賦の演技の才能で、輝かしい舞台の光を手に入れる。だが、そんな累のもとに、同じ血を引く妹・野菊が現れたことで事態は一変する――。

累 -かさね-(6)

【ジャンル】コミック
【発売日】2015-07-23
【作者】松浦だるま  
【出版社】講談社
【価格】¥617
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
醜き少女・累(かさね)に、母が遺した一本の口紅。その口紅は、他者の顔を奪うという能力を秘めていた。累はその能力を使い、美しき者が持つすべてを奪う事を決意する。そんな累の前に現れた、美しき女・丹沢(たんざわ)ニナ。累はニナを精神的に追いつめ、その顔を奪う事に成功する。その美貌を使い演劇界で成功する累であったが、腹違いの妹・野菊(のぎく)が現れて、その運命は大きく変わっていく。果たして野菊は累に何をもたらすのだろうか……?

累 -かさね-(7)

【ジャンル】コミック
【発売日】2015-11-20
【作者】松浦だるま  
【出版社】講談社
【価格】¥617
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
ニナとではなく累として遂に野菊と出会ってしまった累。出会った時の運命の偶然ではなく、野菊の策略により累は野菊に本当の自分を晒し、秘密を打ち明ける。そして、ニナの代わり野菊が顔を与え淵透世の生き写しとしてデビューを果たす。淵透世を超えるべく突き進む累。しかし、野菊は……。
【オススメコメント】
作られた偶然そして栄光と悲劇へ突き進む7巻
最初の偶然の出会いとは違い今度は野菊の演出により二人はまた出会ってしまいます。 いよいよ累として出会ってしまった累はどうするのか?そして野菊は何を狙っているのか?一気に物語が動き出す最終章と言ってしまいそうな展開となる7巻ですよ。新刊が出る度に1巻から読み直したくなる珍しい作品がこれ。いや~素晴らしいわ。
コメント:星野 11/19UP

累 -かさね-(8)

【ジャンル】コミック
【発売日】2016-04-22
【作者】松浦だるま  
【出版社】講談社
【価格】¥617
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
他者の顔を奪う口紅。その力と、美しき顔を持つ妹・野菊の協力を得て、累はかつて夢見た、女優としての高みに立とうとしていた。しかし、累の思いとは裏腹に、野菊は累の破滅を画策する。母を不幸のどん底に落とした者の娘。その事実が、野菊の暗き復讐心を燃えたぎらせる。果たして累は母を超え、まばゆき光を手にするのか、それとも奈落へと落ちるのか。すべてが終わる幕が上がる――。
【オススメコメント】
一人は美しさ、一人は醜さ、自らの美醜に翻弄されている姉妹の運命は
野菊の復讐が着々と進行していく中、確実に野菊を信頼し身を預けるようになる累。 最終日果たして何が起こるのか?いよいよ野菊と累、二人の姉妹の運命がクライマックスへと向かう8巻です。
コメント:星野 4/22UP

誘―いざな―

【ジャンル】ノベル
【発売日】2014-12-17
【作者】松浦だるま  
【出版社】講談社
【価格】¥1,242
メール便可
通常便:お取り寄せ
【内容紹介】
世俗から隔離され、過疎に滅びつつある辺境・朱磐村。伝説と因習に縛られたこの地に、かつて、望まれずして生まれ落ちてしまった少女がいた。「伝説の女優」の名をほしいままにし、美しいままこの世を去った、累の母・淵透世。その壮絶なる運命を、松浦だるま自ら小説として描き出す



本ホームページに掲載の画像・写真などを無断で複製することを禁じます。
Copyright (c) 2001 MANGAOH CLUB Inc. All rights reserved.