在庫20万冊はこちらから検索
商品
作者
購入特典リスト
限定版リスト

小梅けいと先生 インタビュー

小梅けいと先生 インタビュー


成年向けから数々のコミカライズを手がけている小梅けいと先生。「狼と香辛料」では6年もの長期連載中で4月には10巻発売と「ビビッドレッド・オペレーション(2)」が同時発売となりました。10巻という区切りの巻の発売に合わせて小梅けいと先生にご自身についてと作品について語って頂きました。

──ペンネームの由来は?
 ワニマガジン様から商業デビューする際に担当の編集さんと相談して適当に決めました。

──漫画家になろうと思ったきっかけは? またそれはいつ頃ですか?
 兄が漫画マニアで自然とマンガやアニメに触れる機会が多かったため、そういう夢自体は子供の頃からあったのですが
具体的に考え始めたのは、大学の漫画研究部に入って実際に漫画を描くようになってからですね。
就職活動に失敗して、いよいよイラストや漫画で食べられないか、上京するために貯金を始めたりしました。

──一番好きな小説・漫画などあればお教え下さい。
 小説ですと『アンドロメダ病原体』『あなたの人生の物語』などのSFが好きです。
漫画は多すぎて困りますが…あさりよしとお先生の『宇宙家族カールビンソン』『ワッハマン』などが好きです

──作画環境などお話しできる範囲で教えて頂ければお願いします。
 『狼と香辛料』では今は線画までを紙と鉛筆で、仕上げ作業をパソコンで行っています。
『ビビッドレッド・オペレーション』では一部例外をのぞいてすべてパソコンで行っています。
イラストにおいては液晶タブレットが必須になりつつありますね…。ツールはクリップスタジオやフォトショップです。

──今回は2冊同時発売でしたが、全く違った2作でそれぞれ注意していた点などありますか?
 『狼と香辛料』は長く作画を続けていますので平常運転でした。
『ビビッドレッド・オペレーション』のほうは、アニメ原作の垢抜けた雰囲気をスッキリした線で表現できないか苦心しています。

──「狼と香辛料」の1巻が発売してから6年。大台の10巻発売となりましたが、連載始まった当時と今とで描く上で変わらないもの、変わったものは何かありますか?
 手前味噌ですが、自分の絵柄がかなり変わったと思います。ロレンスの顔で特に顕著ですが頭身が伸びてきてます。
コマ内での構図の工夫などは2~3巻においてピークになり、その後は安定してきています。連載初期は少し読みづらい漫画だったかもしれません。
変わらないように気をつけているのは勿論ホロさんの可愛さです。

──「狼と香辛料」の登場人物で一番思い入れ、もしくは印象に残っているキャラは誰ですか?そしてその理由は?
 全員と言いたいのですが、強いていうならロレンスさんですね。苦境で輝く人物は感情移入もしやすいです。ゲストキャラクターだとノーラでしょうか。純朴可愛い天使のような娘さんでした。

──「狼と香辛料」の表紙は背景の色に溶け込むようにキャラクターも同色で描かれていますが、次の巻に使う色を決める理由などあるのでしょうか?
 基本色の持ち回りで決めています。 書店などで単行本を見た人が「この巻はもう読んだかな」というのがわかりやすいように、また平積みされた時に比較的目立つようにです。

──すでに「狼と香辛料」の世界を先生の絵で思い浮かべるほどに読者には定着してますが、あの世界を引き立てる建物や背景、景色等で参考にしているものは何かありますか?
 過分なお言葉だと思いますが…
リュビンハイゲン編までは雑誌編集部さんから送って頂いたアニメ版の背景資料を参考に作画いたしました。
しかしアニメの背景担当さんへの連絡がうまく行っていなくて、先方から叱られまして…
その後は自分で資料を集めるようにしています。

──「狼と香辛料」はアクションよりも会話や取引の駆け引きが重要な作品ですが、描く上で注意している点は何かありますか?
 対話劇というのは構図のとりかたで心情表現や演出効果が変わってきてしまうので適切に…また引き出しの数を増やさないと…と思っています。
あとは人物には出来るだけ何かしながら喋らせるようにしています。例えばホロさんはコルに対して水をあげたりして世話をすることが多いです。ロレンスに対してはしょっちゅうイタズラみたいなことをしていますね。そうすることで、ずっと部屋でしゃべっているシーンが続いても読者さんが飽きてしまわないようにできればと考えています。

──お忙しい中ありがとうございました。最後に読者の皆様へ一言お願いいたします。
 このたびはインタビュー記事を読んでいただいてありがとうございました。
カッコ悪い事実もお答えしましたが、原作の素晴らしさは決して変わりませんので是非今後とも『狼と香辛料』、『ビビッドレッド・オペレーション』をよろしくお願いいたします!

小梅けいと 作品リスト

狼と香辛料(15)
【発売】2017-05-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典 メール便可
通常便:
スクールラブ.ネット
【発売】2016-12-28
【作者】小梅けいと  
【価格】¥1,296
成年 特典 メール便可
通常便:
狼と香辛料(14)
【発売】2016-09-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典 メール便可
通常便:
狼と香辛料 [コミック版] (1-14巻 最新刊) 全巻セット
【発売】2016-09-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥8,618
通常便:

狼と香辛料(13)
【発売】2016-02-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典 メール便可
通常便:
狼と香辛料(12)
【発売】2015-08-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典 メール便可
通常便:
狼と香辛料(11)
【発売】2014-12-20
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典 メール便可
通常便:
狼と香辛料(10)
【発売】2014-04-26
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典 メール便可
通常便:

ビビッドレッド・オペレーション(2)
【発売】2014-04-26
【作者】小梅けいと  
【価格】¥691
特典 メール便可
通常便:
狼と香辛料(9)
【発売】2013-08-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典 メール便可
通常便:
ビビッドレッド・オペレーション(1)
【発売】2013-02-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥594
特典 メール便可
通常便:
狼と香辛料(8)
【発売】2012-10-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典 メール便可
通常便:

狼と香辛料(7)
【発売】2012-02-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典 メール便可
通常便:
狼と香辛料(6)
【発売】2011-04-04
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典 メール便可
通常便:
狼と香辛料(5)
【発売】2010-10-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
メール便可
通常便:
狼と香辛料(4)
【発売】2010-03-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典 メール便可
通常便:

花粉少女2!
【発売】2009-12-28
【作者】小梅けいと  
【価格】¥1,296
成年
通常便:×
狼と香辛料(3)
【発売】2009-07-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典
通常便:
狼と香辛料(2)
【発売】2009-01-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
特典 メール便可
通常便:
狼と香辛料(1)
【発売】2008-03-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥616
メール便可
通常便:

くじびきアンバランス(2)
【発売】2007-12-28
【作者】小梅けいと  
【価格】¥607
通常便:×
現在品切れ中注文受付停止
花粉少女注意報
【発売】2006-10-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥1,080
成年
通常便:×
うたかた
【発売】2005-05-27
【作者】小梅けいと  
【価格】¥594
通常便:×
絶版・取り扱い外商品


本ホームページに掲載の画像・写真などを無断で複製することを禁じます。
Copyright (c) 2001 MANGAOH CLUB Inc. All rights reserved.